ハクビシン対策は徹底的にしよう~サクサク解決する対策方法~

real estate

被害に備える

real estate

ハクビシンは可愛らしい見た目とは裏腹に、多大な被害をもたらします。特に農作物や食品が荒らされる被害が相次いでいます。ハクビシンを寄せ付けない対策をして、ハクビシンの被害に備えましょう。

View Detail

ハクビシンを寄せ付けない

室内

ハクビシン対策を施したい人は、屋根裏に上り、隙間を全て発泡ウレタンスプレーで塞ぎましょう。また、ハクビシンは木や雨どいから登り、室内に侵入します。猫よけのトゲトゲを巻きつけて対策しましょう。

View Detail

農家がするべき対策

作業員男性

農家は最もハクビシンの被害に遭いやすいといえます。ハクビシンは果物を好むため、特に果樹園はハクビシン対策を施しましょう。畑の周りを柵で囲ったり、廃棄物は室内に仕舞ったりすることが大切です。

View Detail

被害を抑えるために

ハクビシン

一見すると可愛らしい動物も、人間にとっては脅威となる害獣に指定されることもあります。その代表的な動物がハクビシンです。ハクビシンは北海道から九州のあらゆる地域に生息しています。もともとは森や山で暮らしていましたが、食料不足により人間が住む街や村に降りてきています。そのため、ハクビシンによる被害が相次いでいます。ハクビシンは主に果実やとうもろこし、小動物や昆虫などを食します。雑食性のため、人間の食べ物を食すこともあります。その中でも、甘い果物を好んで食べます。缶ジュースを洗わずに放置していると、甘い香りに誘われてハクビシンが住み着くこともあります。ハクビシンは非常に嗅覚が優れているため注意しましょう。ハクビシンの被害に遭わないようにするには、しっかりとハクビシン対策を施すことが大切です。ハクビシン対策は地域全体で行なうと、より高い効果が得られます。

自宅にハクビシン対策をする際、最も重視するべき箇所は屋根裏です。ハクビシンは主に屋根裏に生息します。そのため、屋根裏の隙間を全て塞ぎ、さらに糞尿を始末しましょう。ハクビシンが嫌うニオイの忌避剤を設置することも最適な対策方法です。また、最も大きな被害を受ける農家は、徹底的にハクビシン対策をする必要があります。柵や電気柵で畑を囲い、ハクビシンが畑内に侵入できないようにしましょう。その他にも、ハクビシンは木や壁を登る習性があるため周りの木々にも対策を施す必要があります。素人やハクビシンに詳しくない人が対策を行なうとツメが甘い可能性があります。そのため、ハクビシン対策は、ハクビシンに詳しいプロの業者に依頼すると適切です。